• Friedman_JJ-JR_head_fron-top.png
  • カントレル.jpg

【初台店】Jerry Cantrell シグネチャーモデル FRIEDMAN JJ-Junior導入決定!

今回、レンタル開始するアンプは、Alice in Chainsのギタリスト・Jerry Cantrellのシグネチャーモデル。
ch1は透き通るようなクリーントーンから、ややザラつきながら芯のあるクランチトーン。
適度なコンプ感と倍音感が非常に持ちよく感じられ、ギターと一体となって鳴っているような感覚。
ch2はその特徴を引き継ぐようなホットなドライブサウンドから、Alice in Chainsの音源で聴けるような攻撃的なディストーションが得られる。
またGAINをフルアップさせても決してグシャグシャに歪んでしまうことはなく、原音の芯の太さを保持しながら歪みが強くなっていく。出力は20Wと低めの仕様だが、その数字が信じられないほどのパワーが感じられる。


Jerry Cantrell…ロックバンドAlice in Chainsのギタリスト。
彼のギターサウンドといえば、ザクザクとした激しいディストーションサウンドによる重々しいリフと、太く存在感のあるリードプレイ。そのサウンドを再現するべく、最初に100W仕様のJJ-100が開発され、スタジオや自宅でも手軽に鳴らせるように開発されたのが、今回初台店に導入した20W仕様のJJ Juniorである。

VIEW ALL NEWS

クリックでナビゲーションを閉じます。