2017年11月02日

レコーディング

【即レコair】即レコ24との違いとスタジオ録音の手順・特徴

【速レコとは?】

即レコはヤマハ株式会社が提供しているレコーディングサービス。バンド向けにはかつて全国のリハーサルスタジオとの提携で展開していた「即レコ24」というサービスがあったのだが、セルフレコーディングの急速な浸透に歩を合わせるかのように現在は提供を終了し、主にクラシック音楽に特化した「即レコAir」、「即レコPiano」という限定された内容となっている。
air_image.png

【即レコの使いかた】

「即レコ」は音楽リハーサルスタジオでの場合、ドラムやアンプにマイクがセッティングされており、スタジオ内設置の専用アプリをインストールしたタブレットで操作し、バンド演奏を録音した音源が保存されクラウド上にアップされるというもの。音楽クラウドにはメンバーに渡されるログインIDなどでアクセスし、その音源をダウンロードして録音データを再生、保存するなりメンバー全員と簡単に共有できるというものだった。(ただし、その音源は永久に保管されるわけではなく、14日たつともうダウンロードできない)。使い方は簡単でまさに「即レコ」という名の通りの録音サービスだった。ただ、基本的にクラウドサービスなのでCD作成まではできない。

現在提供中の「即レコAir」はバンドスタジオではなく、吹奏楽や合唱、オーケストラなどの音源をまさしくAirで録音するもの。「即レコPiano」はそのピアノ版だ。
録音も再生もワンタッチ〜というサービス内容はリハスタ版とほぼ同じだが、聞いた演奏にコメントできる、「ボイスコメント機能」が追加されている。需要が細分化するなかでどのように展開していくのか注目である。

unnamed.png

クリックでナビゲーションを閉じます。