SEARCH

閉じる

楽器NEWS|PA

【新製品情報】ADAからキャビネット・シミュレーター&DIボックス、GCS-5登場!

2017.09.03


ADA / GCS-5


GCSシリーズに新機能を追加


GCS-2&3では4つある音色設定のスイッチが5つになり、アメリカン or ブリティッシュを選べるようになりました。加えて入力レベルの設定とレベル・メーターも追加し、より繊細にレベル設定ができます。


簡単に使えてリアルなサウンド


非常に簡単に使えるアナログ回路のギター・キャビネット・シミュレーターです。パワー・アンプ、スピーカー・キャビネット、マイクを使わなくても、まるでアンプヘッドでスピーカーを鳴らしてマイキングしたかのような音でプレイやレコーディングができます。そのサウンドやダイナミクスは非常にリアルで、CD等で聞かれるサウンドそのものです。


DIボックス機能


バランスXLR出力端子を使って、ギターやベースをミキサーに接続するためのDIボックスとして使えます。ほとんどのPAシステムではバランス出力が好まれます。何故ならグランド・ループ、信号の劣化、ノイズのような問題を避けることができるからです。GROUND LIFTスイッチを使えば、グランドループが原因で発生するハムやバズを取り除けます。


パワー・アンプ出力を接続可能


アンプ・ヘッドやパワー・アンプ等のスピーカー出力を繋げます。この場合は20dB INPUT PADスイッチをINにします。但し、本機にはロードボックス機能はないので、パワー・アンプを繋ぐ場合は、必ずスピーカーやダミーロードを繋いでご使用下さい。


ヘッドホン端子


エフェクターの後に本機を繋ぐだけで、アンプをスピーカーで鳴らした様なサウンドを、ヘッドホンでモニターできます。ボリューム付き。


簡単設定、簡単操作


使いかたは非常に簡単です。スイッチが4つとノブが1つだけ。アナログのナチュラル・レゾナンス・テクノロジーにより、単に周波数だけではなくスピーカーの持つニュアンスをも忠実に再現し、ギターのトーンに芯のある自然な深みを加えます。 VINTAGE|MODERN スピーカーの特性を選びます。VINTAGEはジェンセン・アルニコ、MODERNはセレッションやエミネンスのセラミックです。 AMERICAN|BRITISH スピーカー・コーンのタイプを選ぶことができます。アメリカンはカラッと開放感があり、ブリティッシュはずっしり重厚なサウンドになります。 12-INCH|10-INCH スピーカー・サイズを選びます。低域の反応と中域のトーンが違います。 SEALED|OPEN BACK キャビネット・タイプを選びます。SEALEDはクローズドバック、OPEN BACKはオープンバックです。 FULL-RANGE DI|CAB SIM IN エフェクトをバイパス(FULL-RANGE DI)するか、オン(CAB SIM IN)にするか選びます。 MIC PLACEMENT マイクの位置を調整します。EDGEはスピーカーコーンの端、CENTERはスピーカーコーンの中心です。 LEVEL 入力レベルの設定ができるので、より多くの機器と接続しやすくなります。 LEDメーター 入力レベル・メーターです。レベルを簡単に確認できます。 ファントム電源コンパチブル XLR端子でミキサーと繋ぐ場合、ミキサー側でファントム電源をオフに出来ないケースでも、本機は問題なく作動します。


接続例


・ライブでペダル・ボードから会場のPAに繋ぐ ・シミュレーション・サウンドをPAに送り、スルー信号をギター・キャビネットに繋ぐ ・ヘッドホンでモニターする


・アンプ・ヘッドのプリアウトを繋ぐ


特長



  • モニター・スピーカーやサウンド・システムから、アンプで鳴らしたような音を出せます。

  • スピーカーやマイクを使わずに、ペダルやプリアンプからレコーディングできます。

  • フロア・モニターで自分のプレイをモニター可能。

  • -20dB入力パッドにより、パワー・アンプ出力を直接繋げます。この場合、アンプヘッドとスピーカーの間に本機を繫ぎます。

  • FULL RANGEにするとシミュレーターが掛からないDIボックスとして使用可能。

  • どの音量に対してもリアルなキャビネットの鳴りを再現し、特に大音量時には自然な深みとリアルさを加えたギター・トーンになります。


スペック



  • 入力インピーダンス:105k Ω

  • 出力インピーダンス:1000 Ω

  • ヘッドホン出力:16 Ω~300 Ω

  • 電源アダプター:9VDC 200mA 2.1mm pin

  • 寸法:83W×63H×118D

  • 重量:419 g


製品ホームページ http://www.electroharmonix.co.jp/ada/gcs5.html




※こちらの製品はスタジオノアでレンタルはしておりません。もしスタジオでレンタルをご希望の方はスタジオノアのホームページの右下にある「ご意見/ご感想」のバナーからお問い合わせください。