• 参加する方法
  • お問い合わせ
  • お申し込み
音楽をもっと楽しめ! 気になるワークショップに気軽に参加しよう!
Recording・PA
Roland×NOAH College デジタルレコーディングセミナー【レビュー】

2015年04月18日

Roland×NOAH College デジタルレコーディングセミナー【レビュー】

roland1.jpg

2015年4月18日、サウンドスタジオノア駒沢店で、Rolandのオーディオ・インターフェースのフラッグシップ・モデルであるSTUDIO CAPTUREを用いたレコーディングセミナーが開かれた。
STUDIO CAPTUREは、オート・ゲイン機能(AUTO-SENS)の付いたマイク・プリアンプ12チャンネル搭載のオーディオ・インターフェースで、バンドの一発録りはもちろん、ドラムのレコーディングやボーカル録音にも最適な、まさに万能なインターフェースである。

Roland STUDIO CAPTURE
http://www.roland.co.jp/products/studio-capture/

roland2.jpg
今回は講師として須藤浩氏を招き、レコーディングの知識からマイキングの仕方やSTUDIO CAPTUREの説明、実際の音録りまでを行った。
マイキングについては、実際にセミナーで使用したのはドラムのバスドラ、スネア、ハイハットシンバルのみに絞られてはいたが、楽器ごとのマイクの選定についても丁寧な説明があり、様々な楽器をそれぞれ扱う参加者にとっては貴重な話だったのではないだろうか。
・SHURE 58と57があればいい音は録れる! その場合、58はバスドラ、そのほかは57。
・コンデンサーマイクは、シンバルなど高音が伸びるもので使うと効果的。
・マイクの位置や角度は、それぞれの楽器のどこを狙うか、演奏の邪魔にならない場所はどこかで決める。
・スネアを上からと下からで録るとき、下のマイクの位相を反転させると良いことが多いが、いつも必ずしも良くなるわけではないので、自分の耳で聞いてから決める。

STUDIO CAPTUREを用いた実際のレコーディングでは、電子ドラムのV-Drumsとギター、ベースを個々に録音し、MAXで出したピークの音に合わせて自動でゲインを調整してくれるSTUDIO CAPTUREの醍醐味を味わうことができた。
質疑応答の時間も充実しており、参加者から積極的に質問が出ていたのも印象的である。講師の須藤氏も、そのひとつひとつの質問を丁寧に、じっくり答えており、レコーディングのノウハウを学ぶ良い機会となったのではないだろうか。
今やPCとインターフェースがあれば、自らリハーサルスタジオでレコーディングができる時代。このセミナーを通して、レコーディングをさらに身近なものに感じたのではないだろうか。

roland3.jpg

Schedule スケジュール

秋葉原店 GSスタジオ+REC.booth無料使いこなしセミナー

毎月第2、第4土曜日(予約制)

秋葉原店 GSスタジオ+REC.booth無料使いこなしセミナー

  • マニア度:★
  • サウンドスタジオノア秋葉原店 GSst+REC.booth
  • サウンドスタジオノア秋葉原店 TEL03-5816-8383

参加費用0円

7/29(土)【DAW(録音ソフト)入門】第1弾/ドラムREC入門編(全3回)

2017年7月29日(土)/8月12日(土)/8月26日(土)

7/29(土)【DAW(録音ソフト)入門】第1弾/ドラムREC入門編(全3回)

  • マニア度:★
  • スタジオノア駒沢店10F会議室
  • 03-5433-5711

参加費用0円

すべてのスケジュールをみる

NOAH スタジオノア